2014年12月9日火曜日















思いがけず
素敵なものが同時に届いたりする。

たまにそんな時があるわけで
そんな時は1日は本当に美しかったり
愉快に過ごすことが出来る。





BROWN`S Cafe & Beans 「Leon」
Janis Crunch & haruko nakamura「12 & 1 SONG」





「Leon」は
1960年代から90年初頭まで表参道と明治通りの交差点に建ち、
今は誰しもが知るクリエーター達が若く駆け出しの頃に集っていた
セントラルアパートの1階にあった伝説の喫茶店。
集う人々と美味しいコーヒーが作り出す独特の空間と時間。
当時はまぎれもなく日本のカフェ文化の中心に位置する喫茶店。

実は
BROWN`Sさんのコーヒーを焙煎している所と
このレオンのコーヒーを焙煎している所が同じ焙煎所で
今回レオンのオーナー婦人承諾のもと
BROWN`Sさんで当時と同じレシピで再現されたブレンドです。

BROWN`Sの方からこのブレンドについては以前から伺っていて
キリンのように待っていてのですが
本日一緒に試飲しましょうと言ってた方も偶然来て下さり
封を開けて楽しめることが出来ました。
古き良き喫茶店のコーヒー。
いろいろな物語とノスタルジック。
オリジナルブレンドが毎朝飲みたくなるコーヒーなら
「Leon」は夕方に啜りたくなるコーヒーです。毎日。
想いの強いコーヒーですので機会を作りCyでも
お出し出来ればと思います。
空間とコーヒーの関係。
とても大切なことの1つですね。



そして空間にとって大事な音楽。
今日初めて耳にした
Janis Crunch & haruko nakamura「12 & 1 SONG」

この時期にとても似合う
甘く柔らかいピアノと声。
8月に聴くF・シナトラやフィルスペクターなんかの
クリスマスソングも乙なものなんですが
このアルバムは12月でこそ。
日が暮れたら
ひっそりと照明を落としキャンドルをつけて
ひっそりとこのアルバムを流そうと思います。