2015年3月8日日曜日


















仙台の編集プロダクション「SHOE PRESs」が発信する
”つながるひろがる東北応援の輪プロジェクト”に
東京を拠点とするアトリエ「kvina(クビーナ)」が出会い、
スタートした“Mi amas TOHOKU"(ミ アーマス トウホク)。
かつて宮沢賢治も学んだエスペランド語で、「東北が好き」を意味します。

きたる3.11をむかえ
arrondissementではMi amas TOHOKUのグッズを
3月末まで展示販売致します。
ボーダーこけしやステッカーなどのグッズになり
売り上げの一部は日本赤十字などを通して
東日本大震災の義援金として寄付されます。

SHOE PRESsの本間ちゃんは
今回のグッズ展示販売をしているお店を載せたマップを
手書きで可愛く仕上げてもちろんarrondissementに置いてありますので
マップ片手にいろんなお店を巡るのも楽しいと思います。




Libro de Kvina

SHOE PRESs