2015年9月29日火曜日


















stael : LES MOTS DE LA PEINTURE」
Alain Madeleine-Perdrillat








2003 / HAZAN









size 19.5 x 14.5
page 127

























































ニコラ・ド・スタール
1914年ロシア生まれ。

1919年ロシア革命の最中ポーランドへ亡命。
1939年パリへと移る。カンディンスキーと交流があり
1944年にはパリで展覧会を開催。
パリでの生活で夜のサッカー観戦が好きになり
絵のタッチに影響を与えたといいます。
1951年ニューヨークで初個展。
フランス・ピカソ美術館多数所蔵。

具象と抽象の間を行ったり来たりする作風はとても面白く、
その色使いの幅の広さもニコラ・ド・スタールの魅力です。
ジャズ好きとも言われていて
濃厚な黒や赤の使い方はその片鱗をうかがわせます。
肉体、音楽、風景、静物
それぞれの温度や動きを巧みに捉えた作品。