2015年12月2日水曜日




















































Kohta Kanazawa
postcard series

all 200yen






儚く叙情的なKohta Kanazawa氏のタブロー、ドローイングから
選りすぐりの作品をポストカードにしていただきました。
知り合った頃は会う度にカメラをぶら下げていたのですが
いつしかカメラがスケッチブックと鉛筆になり
写真では表現できなかった何かを追いかけるように
絵に没頭していき
今回のこの作品に辿り着く。
どこかの海(いつかのanselm kieferのような)。
遠い誰か。
ファインダー越しの記憶と感情の記録。

記憶の境界線が溶け出し誰の記憶かおぼつかなくなる瞬間、
彼の絵はとても美しいと思います。