2017年7月16日日曜日









「Palermo works on paper 1976-1977」
Blinky Palermo


2013 / David Zwirner

size : 27.5 × 21.5

page : 134











ブリンキー・パレルモ。
1943-1979。
ドイツ出身。
ヨーゼフ・ボイスの愛弟子であり1962年〜67年にかけて
デュッセルドルフ芸術アカデミーにてボイスの元で学ぶ。
「形」と「色彩」の関係性をテーマにキャンバスから抜け出し建物の内壁までも
作品を描く対象としていてコンセプチュアル・ミニマルアートの作家としての
紹介をされがちですが
とりわけコンセプチュアル・ミニマルアートの作家の中でもペインターとしての
仕事が魅力的な作家だと思います。

「私の作品がいかに単純な方法により発展してきたかみてほしい。
私にとって絵画とは視覚的・物質的現実を美的な規範によって翻訳することだ。
それは解釈、新しいヴィジョン、意識の拡大としての美術なのだ。」
ーブリンキー・パレルモ